作家の収支 ブックライブ レビュー 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の作家の収支無料立ち読み


1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。
続きはコチラ



作家の収支無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


作家の収支詳細はコチラから



作家の収支


>>>作家の収支の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)作家の収支の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する作家の収支を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は作家の収支を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して作家の収支を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)作家の収支の購入価格は税込で「779円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)作家の収支を勧める理由

作家の収支って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
作家の収支普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
作家の収支BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に作家の収支を楽しむのにいいのではないでしょうか。


月額の利用料が固定されているサイト、登録しなくても使用できるサイト、1巻・2巻と単品で売っているサイト、無料にて読むことができる作品がいっぱいあるサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いが見受けられますので、比較することをおすすめします。
電子書籍でしか漫画は買わないという方が増えてきています。持ち運ぶことも不必要ですし、収納する場所も要らないというのが要因です。それに無料コミックサービスもあるので、試し読みも余裕です。
漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊のみの料金で見ればそれほど高くはないですが、いっぱい購入すれば、毎月の料金は高額になってしまいます。読み放題であれば月額料が決まっているので、支払を節約できます。
「通勤時間に車内で漫画本を広げるのは躊躇してしまう」という人でも、スマホに直で漫画を保管すれば、他人の目を気にすることなど全く不要だと言えます。まさに、これがBookLive「作家の収支」の人気の理由です。
コミックサイトも多種多様にあるので、比較して使い勝手の良さそうなものを選択することが大切になります。なので、何はともあれ各サイトの利点を頭に入れるようにしてください。




作家の収支

                    
作品名 作家の収支
作家の収支ジャンル 本・雑誌・コミック
作家の収支詳細 作家の収支(コチラクリック)
作家の収支価格(税込) 779円
獲得Tポイント 作家の収支(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

ページの先頭へ