コンビニ経済圏 ブックライブ レビュー 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」のコンビニ経済圏無料立ち読み


金融や介護、宅配、農業…。1970年代の誕生以降、コンビニの店舗網やサービスは広がり続け、今や暮らしに欠かせない存在だ。2016年9月にはファミリーマートとサークルKサンクスが統合予定で、業界トップのセブン―イレブン・ジャパンを追撃、消費者を取り込むための競争も活発化する。コンビニはこれからどこに向かうのか。商品開発力や物流網、金融インフラ、人材といった切り口から、「コンビニ経済圏」の強さ・課題を探る。 本書は週刊エエコノミスト2016年1月19日号で掲載された第2特集「コンビニ経済圏」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・社会構造の変化に対応 他を取り込む成長モデル・「時間資本主義」の時代 電子商取引の普及が転換点・圧倒的なセブンの収益力 焦点はナンバー2争いへ・物流 消費者の「冷蔵庫」支えるインフラ・銀行 「集客」から「稼ぐ」手段に・商品開発 食品メーカー巻き込み開発・健康 進む「ドラッグストア化」・人手不足 サービス拡大でも時給上がらず【執筆者】山崎泰弘、松岡真宏、清水倫典、信田洋二、上杉光、鈴木孝之、川乃もりや、週刊エコノミスト編集部
続きはコチラ



コンビニ経済圏無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


コンビニ経済圏詳細はコチラから



コンビニ経済圏


>>>コンビニ経済圏の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)コンビニ経済圏の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するコンビニ経済圏を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はコンビニ経済圏を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してコンビニ経済圏を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)コンビニ経済圏の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)コンビニ経済圏を勧める理由

コンビニ経済圏って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
コンビニ経済圏普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
コンビニ経済圏BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にコンビニ経済圏を楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックと聞くと、若者の物だと思っているかもしれません。けれど人気急上昇中のBookLive「コンビニ経済圏」には、30代~40代の方が「若かりし日を思いだす」と思ってもらえるような作品も山ほどあります。
「漫画の数があり過ぎて置き場所にも困るから、購入するのを諦める」という事態に陥らないのが、BookLive「コンビニ経済圏」の便利なところです。どれだけ購入し続けても、保管場所を考えることはありません。
無料電子書籍を上手に利用するようにすれば、やることが無くてただ時間だけが過ぎていくということがなくなると言えます。仕事の空き時間とかバスなどで移動している時などにおいても、大いに楽しめるはずです。
漫画が手放せない人からすれば、読了した証として収蔵している単行本は値打ちがあるということは承知しているつもりですが、気軽に楽しみたいという人であれば、スマホ1台あればよいBookLive「コンビニ経済圏」の方が重宝するはずです。
顧客数が急増しているのがBookLive「コンビニ経済圏」なのです。スマホで漫画を楽しむことが可能ですから、大変な思いをして書籍を携帯する必要もなく、持ち運ぶ荷物を減らせます。




コンビニ経済圏

                    
作品名 コンビニ経済圏
コンビニ経済圏ジャンル 本・雑誌・コミック
コンビニ経済圏詳細 コンビニ経済圏(コチラクリック)
コンビニ経済圏価格(税込) 216円
獲得Tポイント コンビニ経済圏(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

ページの先頭へ