死者の門(デス・ゲート) ブックライブ レビュー 評判 口コミ

BookLive「ブックライブ」の死者の門(デス・ゲート)無料立ち読み


遺品である一枚の写真に封じられた、亡き父の造り出した世界とは…? 異色の傑作ホラー・ファンタジー 冒険作家である父・汐見翔を飛行機事故で失って1年。汐見健司は高校のクラブで映画づくりに励み、母・映子も芸能界にカムバックして、汐見家は平静を取り戻していた。だが、小学生の妹・典子は父の死を認めようとしなかった。母とのいさかいがあった日、健司は典子が父の部屋で昏睡しているのを発見した。そして、健司だけが、写真の父の隣に典子の姿を見ることができた。父を慕うあまり、典子は死んだ父の世界に入りこんでしまったのだ。妹の命を助けるため、健司は亡き父の世界へと旅立った。冒険作家・汐見翔の世界……そこは、翔の造りだした様々な異形の戦士が、死の使者“青い竜”と戦う、“薄暮の世界(デイム・ワールド)”だった!●田中文雄(たなか・ふみお)1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。
続きはコチラ



死者の門(デス・ゲート)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


死者の門(デス・ゲート)詳細はコチラから



死者の門(デス・ゲート)


>>>死者の門(デス・ゲート)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)死者の門(デス・ゲート)の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する死者の門(デス・ゲート)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は死者の門(デス・ゲート)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して死者の門(デス・ゲート)を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)死者の門(デス・ゲート)の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)死者の門(デス・ゲート)を勧める理由

死者の門(デス・ゲート)って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
死者の門(デス・ゲート)普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
死者の門(デス・ゲート)BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に死者の門(デス・ゲート)を楽しむのにいいのではないでしょうか。


ユーザーがいきなり増加してきたのがBookLive「死者の門(デス・ゲート)」なのです。スマホに漫画を表示させることが可能なので、カバンに入れて本を常時携帯する必要もなく、手持ちの荷物が軽減できます。
ユーザー数が飛躍的に増加し続けているのがスマホのコミックサイトです。以前までは「漫画は単行本という形で買うからいいの!」という人が多かったのですが、電子書籍として買って読むという方が確実に増えてきています。
中身が分からないまま、表紙のイラストだけで読むべきか決断するのは危険です。タダで試し読みができるBookLive「死者の門(デス・ゲート)」であれば、そこそこ内容を確認した上で買えます。
「電子書籍は遠慮したい」という人もそこそこいるようですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んでみたら、その便利さや決済の簡便さから何度も購入する人が少なくないようです。
スマホやiPadの中に購入する漫画を全て収納すれば、収納場所について気を配ることも不要になります。最初は無料コミックから目を通してみると良さが分かるでしょう。




死者の門(デス・ゲート)

                    
作品名 死者の門(デス・ゲート)
死者の門(デス・ゲート)ジャンル 本・雑誌・コミック
死者の門(デス・ゲート)詳細 死者の門(デス・ゲート)(コチラクリック)
死者の門(デス・ゲート)価格(税込) 486円
獲得Tポイント 死者の門(デス・ゲート)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス

ページの先頭へ